Mac

WWDC2020で発表されたアップルシリコンについて

Appleの開発者向けイベントWWDC2020も興奮さめやらぬうちに終わりましたね。
私が一番興味を持ったのがはアップルシリコンのお話でした。
今のMacに搭載されているインテル製のCPUから、
アップルが開発する「アップルシリコン」というCPUに移行するようです。
アップルシリコンを搭載した新しいモデルのMacは2020年内に発売され、
約2年で移行が完了するようです。
2022年のクリスマスシーズン頃には全てのMacのラインナップがアップルシリコンが搭載されている製品になっているのでしょうか?
尚、新しいインテルベースのMacも開発すると発表していますので、
急にアップルシリコン搭載だけのMacという話ではないようです。
ただ過去の歴史を考えると遅かれ早かれアップルシリコン搭載のMacに置き換わるのではないかと思います。
買い替えを考えていた方は、悩む人もいらっしゃるのではないでしょうか?
私のMac歴は約25年になります。
アップルの過去の大きな転換期ごとに、アプリケーションや周辺機器の買い替えをやむをえずしてきました。
新しいMacには心が躍りますが、せっかくお金をかけて整えた環境を、また新しいものに構築しないといけない金銭的な悩みもあり複雑な心境になります。

今年MacBook Proを購入しようかと思っていましたが、アップルシリコンの正式な発表があったので、もう少し様子を見ることにしました。
なんだかんだと言いながら、アップルシリコン搭載のMacが楽しみです。

余談ですがアップルシリコンと入力したところ、変換ミスでアップル死離婚となり、ウケました(笑)
では皆様、よきMacライフを!