iPad

Magic keybord(マジックキーボード)は必要?

Magic keybord(マジックキーボード)は必要?

iPad Pro用のMagic keybordが新発売されました!
iPad Pro購入前に、iPadが浮いてるー!と驚き、そしてカッコイイーと雄叫びをあげ、
そのまま衝動買いをしてしまった私ですが、
12.9インチのiPad Pro用のMagic keybordの価格が税込み41,580円という、
私にとってはかなり高額な価格におじけづいてしまい、
購入しようか、それともこのまま様子を見るか思案中です。

だって、だって、41,580円ですよーーー!

冷静に考えると、無印iPadがもう一台買える価格です。
ま、iPad Pro12.9インチがあるので、無印iPadは必要ないですが(笑)

Magic keybordがどんな商品か気になって、さっそくレビューをあげていらっしゃる、
いろいろなユーチューバーの皆さんのレビュー動画を見ました。
見た感想として、ガシガシとiPad Proでテキスト入力して仕事をするような方には喜ばれるんだろうなぁという印象を受けました。

キーボードの操作性、トラックパッドの仕上がりは予想以上の仕上がりのようで、
さすがアップル!といった感じです。
私は普段、MacBook Airで仕事をしていますので、iPad Proがサブ的な使い方で活躍できるのであれば高くない買い物なのかもしれないと思いました。

ただ気になるレビューもありました。

iPad Proが浮いている筐体の真下のキーボードのキーを入力する際に、
iPadPro本体に指が当たってしまいスムーズな入力ができないようです。
これは、少し気になるポイントだなと思いましたが、
他のレビュワーの方は、指は当たらないと言っていました。
この動画を見て安心しましたが、実際に実機で試してみたいところです。

もうひとつ気になる点が、iPad ProをMagic keyboardに設置し、
Appleペンシルでディスプレイに文字や絵を書いたときに力がかかると
iPad Pro側がぐらつき、うまくペン入力ができないようです。
ですので、ペン入力をしたい場合はMagic keybordから一旦取り外してペン入力をする必要があるようです。

これはちょっと面倒ですね。

重たさも指摘されていましたが、私は外に持ち運びを想定していませんので重たさは購入の妨げにはなりません。

念のため、重量を記載しておきます。
・iPad Pro12.9インチ用のMagic keybordの重量は700g
iPad Pro12.9インチ本体の重量が643gです。


一番の問題は、私にとっては価格です。
25,000円くらいなら迷うことなく購入していると思うのですが、、、
そこでMagic keybordを購入しないパターンで、
同じような使い方ができるか方法とその価格を計算してみました。

Magic keybordを購入しないパターン

パターン1
12.9インチiPad Pro(第4世代)用Smart Keyboard FolioとMagic Trackpad 2 の組み合わせ

合計価格 36,960円(税込)


パターン2
Magic keybord(Mac用)とMagic Trackpad 2の組み合わせ

合計価格 24,860円(税込)

パターン3
ロジクール ワイヤレスキーボード K380 Magic Trackpad 2の組み合わせ

合計価格  17,930円(税込)


パターン3だとMagic keybordの半額以下の出費で抑えることができます。
MacBook Airをメインで使っていると記載しましたが、普段はThunderbolt Displayに繋いで仕事をしています。
そのため、トラックパッドを使うことがない私にとって、
iPad Proもトラックパッドを利用しなくても十分に満足できるかもしれません。
そう考えるとロジクール ワイヤレスキーボード K380のみ購入すると
価格 3,850円に抑えることができます。

iPad ProMagic keybordのトラックパッドで何ができるか調べてみました。

1本指でスライド:カーソルの移動

2本指でスライド:画面のスクロール

1本指でクリック:主ボタン

2本指でクリック:副ボタン

・右上のピクトをクリックすることで、コントロールセンターを表示できる

3本指で下 → 上 スワイプ:アプリ終了

3本指で下 → 上 スワイプして止める:Appスイッチャー表示(起動アプリ一覧)

3本指で横にスライドする:前後に起動しているアプリに素早く切り替え

・カーソルを右に移動:Slide Overを表示させる

・カーソルを下に移動:Dockを表示させる

自分にとってトラックパッドでの操作が必要かどうかをじっくりと考えて、今後購入するかどうするか考えてみたいと思います。